家族の絆が深まる新築一戸建て

新築一戸建てを建てる際の家族の要望は、玄関からすぐのところに、トイレ、手洗い、客間をつくることです。

リビングやキッチンなどプライベート場所を通らずに完結できるようになっています。

一応、リビングとは扉一枚でつながっているので、広々と使うこともできます。
これも実現できてよかったです。

家づくりに際して子供たちのために気をつけた点は、小学校や中学校の距離、小学校入学前のタイミングで引っ越しできることです。

内装などについては、リビング学習ができるようにしたこと、子供部屋をいずれ区切れるようにしたことです。

本当は、子供部屋の壁紙は子供たちの希望があったのですが、大きくなったときのことを考えて、無難な色を採用しました。

その代わりに、子供たちの希望をカーテンで採用しました。

そして、カーテンも子供たちが開け閉めしやすいようにシェードを採用しました。

家を建てて、家で過ごす時間が長くなりました。
家族の絆が深まるいい家を建てることができました。